あのにますの日記

あのにますの日記

30代男性の日々得た知見、気になる分野の情報が発信されるブログです。

「RhinoShield (ライノシールド) 」スマートフォンケースがいい感じというお話。

こんにちは、あのにますです。

新しいスマートフォンを購入する際、ほぼ必ずセットで購入するものといえば、ケースと保護フィルムですよね。

「ケースやフィルムなど邪道。そのまま使ってこそ漢」という裸族の方もいらっしゃいますが、ほとんどの方はケースと保護フィルムを装着していると思います。

ただ、スマートフォンケースや保護フィルムは様々なメーカーが販売しており、見た目も手帳型・バンパー型など種類も豊富。探せば探すほど迷ってしまうのではないでしょうか。

そこで今回は、私が愛用しており全てのユーザーにオススメできる「RhinoShield (ライノシールド) 」のケースについてご紹介します。

 

 

ライノシールドとは?

ライノシールドは2012年に台湾で創業されたスタートアップ企業で、スマホ周辺機器の制作・販売を行っています。

rhinoshield.jp

その中でも主な商品が、今回ご紹介するスマホケースです。

 

特徴・良い点

・デザインのバリエーションが豊富

ライノシールドの公式HPでは、ケースのデザインを自分で選ぶことができます。

企業やデザイナーとコラボしたデザインに始まり、ライノシールドオリジナルデザイン、果ては自分で撮った写真をデザインに指定することも可能です。

 

・頑丈で落下に強い

ライノシールドのケースは、高さ3.5mからの落下に耐えられるほどの耐衝撃性を備えています。

以下の動画をご覧ください。

youtu.be

見どころは0:20からで、iPhone11をものすごい高さまで放り投げて落とし、その後「何ともないよ」とアピール。耐衝撃性の高さがおわかりいただけるでしょう。

 

残念な点

・価格が高め

スマートフォンのケースは、形や色・品質に拘らなければ1,000円以下で購入可能です。

ただ、ライノシールドは強力な耐衝撃性を実現するため、価格が3,000円~と、高めの値段設定になっています。

 

・取り外しづらい

ライノシールドのケースはスマホをしっかり保護してくれる分、一度つけると取り外しが難しく、慣れるまでコツと力が必要です。

特に女性だと取り外し時に苦労することがあると思われるため、注意が必要です。

※取り外しのコツは以下の動画から。

youtu.be

 

まとめ

以上、私がオススメするスマートフォン向けケース「ライノシールド」についてご紹介しました。

スマートフォンのケース」と考えると、3000円以上の価格は割高に思えるかもしれません。

しかし、手元にあるそのスマホ、いくらで買ったか覚えていますか?
人によっては10万、20万で買った方もいらっしゃると思います。

そんな「超高級品」をたった3000円超で守ってくれる。
そう考えれば、決して割高とは感じないはずです。


冒頭に上げた取扱機種をお持ちの方で、スマホケースに悩んでいる方。
是非、ライノシールドのケースを検討してみてください。


それでは。